Event is FINISHED

【アフターコロナ時代に対応するIT活用ストーリー】サービシンク×ナーブ共同ウェビナー〜今後活用すべきITツール〜

Description

「不動産テックカオスマップ」にも名を連ねるIT企業2社によるウェビナー

新型コロナウイルスの感染拡大により、全国へと非常事態宣言が発令されました。
人と人との接触を8割減らす事を目的に、自粛活動が広がり自宅待機を余儀なくされている方多くいる中、不動産業界のIT化も本格的に始まってきました。

そこで今回、不動産テック協会の理事も務めるサービシンク代表名村と、VR内見により不動産業界のIT化を最前線で牽引する元LIFULL出身で現在ナーブにてアライアンスユニットマネージャーを務める小山様による共同セミナーを実施する事となりました。

今回は主に「賃貸領域の事業者様」を対象として、
  • 新型コロナウイルス影響下で業界と消費者はどう変わるのか
  • 減少傾向にある実来場率をカバーするためのアイデアにはどのようなものがあるのか
お話をさせていただきます。


こんなメリットがあります

  • 明日から社内で共有が出来るような、不動産テックの情報収集が出来る
  • 勉強会やセミナーでは無いので、気軽に参加できます
  • 今後の不動産業界がどう動いていくか?業界に身を置く者としてどうすべきか?明確になる


イベント構成

  1. パネルディスカッション「アフターコロナ時代に対応するIT活用ストーリー」
  2. 事例紹介
  3. 質疑応答
  4. 総括


イベント日次・方法・費用

  • 5月29日(金)18時~19時(OPEN 17時45分〜)
  • オンライン(ZOOM) 開催(参加申込み完了後、ZOOMのURLをお送りします)
  • 費用:無料


登壇者詳細

株式会社サービシンク 代表取締役 名村 晋治(https://servithink.co.jp/
大学2年からWebサイト制作に関わり、2000年不動産検索ポータル「HOME'S」を運営する株式会社ネクスト(現:株式会社LIFULL)に入社。
HOME'S黎明期に、HOME’Sのサイト構築、新築HOME'Sなどの立ち上げから、不動産デベロッパー、不動産賃貸、不動産管理などの企業サイトから不動産関連の協会サイトの構築まで手掛ける。

2010年に株式会社サービシンクを立ち上げ、不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション〜HTML実装設計〜システム設計のすべてに携わるスペシャリストとして活動。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。2000年からは東京をはじめとして全国各地で3日〜5日日程にも及ぶ「Webディレクター養成講座」の講師として次世代のWebディレクターを育成。受講生は述べ700人。

ナーブ株式会社 アライアンスユニットマネージャー 小山 義幸(https://www.nurve.jp/
1984年生まれ。大学卒業後、2007年不動産検索ポータル「HOME'S」を運営する株式会社ネクスト(現:株式会社LIFULL)入社。

主に賃貸領域、分譲マンション領域にてコンサルティング営業に従事。2014年10月独立しエムライフコンサルティング設立。2017年初から営業支援でナーブに参画。
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会、全国賃貸管理ビジネス協会、公益社団法人全日本不動産協会のほか、各都道府県の宅地建物取引業協会等での講演実績多数。


注意事項(当日参加される前に必ずご一読ください)

  1. やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、前日18時30分までにご連絡ください。
  2. ご連絡がない不参加が続いた際は、イベントへの参加をお断りする場合がございます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#602963 2020-05-29 06:55:55
Fri May 29, 2020
6:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料参加チケット FULL
Organizer
株式会社サービシンク
151 Followers
Attendees
75